日本語教師進路ジャーナル

日本語学校で働く教師のための留学生の進路発見に役に立つサイト

  • 就職
  • 日本語教育機関

特定技能「外食業」試験、全国展開へ

 在留資格「特定技能」の外食業の国内技能試験が全国展開される。9月の第3回試験は金沢、高松、那覇の3会場を予定。第2回試験は札幌で開催しており、沖縄での開催によって日本列島全域で試験を実施することになる。特定技能の対象14業種のうち国内技能試験が全国展開されるのは外食業が初めて。
 受験希望者が多いことから定員も拡大する。11月の第4回試験と2020年2月の第5回試験ではそれぞれ3,000人程度を見込み、他業種に先んじて外国人労働者の確保に動く。
 「特定技能」は技能実習生以外の外国人が取得を希望する場合に対象業種の試験を受けなければならない。現在、試験を実施しているのは外食業、宿泊、介護業の3業種。外食業の第1回試験は合格者347人・合格率75.4%だった

同じカテゴリーの関連記事