日本語教師進路ジャーナル

日本語学校で働く教師のための留学生の進路発見に役に立つサイト

  • 大学・短大
  • 日本語教育機関

留学生別科を新設、苫小牧駒澤大

 苫小牧駒澤大学は2019年7月に留学生別科を新設する。授業開始は10月を予定している。
 留学生別科の募集停止が相次ぐなかでの設置だ。背景には2017年1月に苫小牧駒澤大学の経営権を取得した学校法人京都育英館の意向がある。同法人は中国人留学生が上位大学に進学することを目的とした日本語教育機関「関西語言学院」を経営しており、留学生の受け入れに積極的な姿勢を示してきた。苫小牧駒澤大学留学生別科も中国人留学生を中心に募集する方針で、初年度は30人程度の受け入れを見込んでいる。
 苫小牧駒澤大学は1998年に開校、現在は国際文化学部キャリア創造学科のみ入試を行っている。2018年度は入学定員75人に対して入学者10人、このうち留学生は2人だった。大学全体では在学生155人で留学生は24人となっている。

同じカテゴリーの関連記事