日本語教師進路ジャーナル

日本語学校で働く教師のための留学生の進路発見に役に立つサイト

  • 大学・短大
  • 日本語教育機関

横国大が留学生の学費減免、国立大で異例

 横浜国立大学は2020年4月以降に入学する私費外国人留学生の半数を対象に授業料減免制度を新設する。「学業成績の優秀な外国人留学生の受入れ促進及び入学後の奨学支援を行う」(横浜国立大学ホームページ)ことが目的。日本語を使用したコース(日本語トラック)と英語を使用したコース(英語トラック)の双方で設定する。
 国立大学が私費外国人留学生の授業料を減免するのは異例だ。文部科学省が定める標準額(53万5,800円/年)をもとに各国立大学が「百分の百二十を乗じて得た額を超えない範囲内」(※標準額の120%以下)で授業料を任意に設定できるものの、これまでは標準額を学生の国籍や年齢に関係なく適用してきた。そのため留学生はどの国立大学に入学しても日本人と同額の授業料53万5,800円を納めるのが通例だった。2019年4月からは東京工業大学が国立大学で初めて独自の授業料(63万5,400円/同)を設定するが、留学生を対象とする授業料減免はなかった。
 横浜国立大学によると、私費外国人留学生入試の受験生の成績上位者10%を全額免除、次の成績上位者20%を半額免除、その次の成績上位者20%を3割免除とする。授業料減免の期間は入学時から2学期間で、その後は学業成績に基づいて減免額の見直しを行う。

同じカテゴリーの関連記事