日本語教師進路ジャーナル

日本語学校で働く教師のための留学生の進路発見に役に立つサイト

  • 専門学校
  • 日本語教育機関

留学生募集の締め切り続々、都内の専門学校

 東京都の専門学校が留学生募集を続々と締め切っている。2018年末時点で10校以上が出願受付を終えた。東南アジアの留学生を中心に学費が安い専門学校への出願が集中したことから、例年より早い動向となっている。
 最も早く締め切ったのはグレッグ外語専門学校で、留学生入試が本格化したばかりの10月に終了。学費を値上げした中野スクールオブビジネス、新設の東京グローバルビジネス専門学校などが続き、12月には介護分野の人気の高まりを受けて品川介護福祉専門学校も出願受付を終えた。
 留学生募集を締め切った主な専門学校は以下の通り。

インターナショナル・スクール オブ ビジネス
グレッグ外語専門学校
国際電子会計専門学校
品川介護福祉専門学校
デジタルアーツ東京(国際情報ビジネス学科/ITソリューション学科ITコース)
東京グローバルビジネス専門学校
東京マルチメディア専門学校
中野スクールオブビジネス
日本電子専門学校(AIシステム科/ゲーム制作科)
ファッションカレッジ桜ケ丘(国際・流通・ITビジネスコース)
富士国際ビジネス専門学校
※五十音順。一部の学科、コースのみ募集を締め切った場合はカッコ内に記載。

在留資格「介護」の追加により福祉系専門学校の人気が高まっている

 

 

この記事のタグ

同じカテゴリーの関連記事