日本語教師進路ジャーナル

日本語学校で働く教師のための留学生の進路発見に役に立つサイト

  • その他
  • 大学・短大
  • 大学院
  • 日本語教育機関

中国人研究生のみ学費値上げ、東京福祉大

  東京福祉大学は中国人留学生を対象として学部研究生の学費を値上げした。2018年10月15日より中国人留学生の出願者の初年次学費を87万円(一括納入)に改定。中国人以外の留学生の初年次学費は従来の62万8,000円に据え置き、留学生の国籍によって差を付けるという異例の設定をした。
 同大学の学部研究生はコース修了後に正規課程に進学することを前提としており、学習期間は1年。履修状況や成績によっては「半年間での修了も可能」(東京福祉大学ホームページ)で、研究生として修得した学部の科目は「正規課程進学後の卒業要件単位数に含めることができる」(同)という。
 なお、東京福祉大学の大学院研究生については国籍を問わず初年次学費を62万円(一括納入・12月20日までの出願)に設定している。

2018年11月18日付でホームページに通知された

同じカテゴリーの関連記事