日本語教師進路ジャーナル

日本語学校で働く教師のための留学生の進路発見に役に立つサイト

  • 大学・短大
  • 大学院

9/15開催しました「女子大学の事情を知る」/第5回日本語学校進路指導研究会

〇開催日時  9月15日(金) 15:00~17:00
〇会場    六本木「ハリウッド大学院大学」
〇テーマ   「女子大学セッション」
〇参加大学   大妻女子大学・昭和女子大学・聖心女子大学
       ・東京女子大学・フェリス女子大学・聖徳大学
       ・日本女子大学
〇参加者   20名

大学が”女子学生”に熱い視線を注いでいることをご存知でしょうか?
短期大学・専門学校に流れていた女子学生を惹きつけることで定員を充足しようという戦略です。
女子大学が共学大学に流れる時代に女子大学はどのように生き残りをかけるのでしょうか。
複数の女子大学と情報交換ができるセミナーです。
 
第1部は日進研役員 垣内哲氏の「基礎講座・女子大学の事情を知る」です。

そもそも女子大学ってなんでしょうか・・・という話から始まりました。
全国の女子大学の紹介、女子大学の現状(共学化の加速・大規模大学の女子受入れ加速・短期大学の廃止)解説がありました。
2018年度大学ランキング・女子大学ランキング(朝日新聞出版)の学部外国人留学生ランキングでは女子美術大学が110人で1位という話はちょっと驚きました。

 

第2部は「女子大学セッション」
参加された女子大学の留学生担当者・入試担当者と日本語教師の面談です。

面談は開催時間終了まで続きました。「もう少し時間が欲しかった」というアンケートもありました。


一方「日本語学校の教師とこんな形で面談するのは初めてです。皆さん熱心で驚きました」という大学先生の声がありました。
また「次回、同じような企画があれば必ず参加します」と言って頂いています。

このセミナーで女子大学と日本語教師の距離がすこし縮まったのでは・・・と思います。

日進研の会長・山田先生からは「もう少し参加者が多いと良かったです。女子大学希望者がいる、いないにかかわらず、日本語教師としての情報を得ることを考えて参加して欲しい」という言葉を頂きました。ありがとうございます。

 

この記事のタグ

同じカテゴリーの関連記事