日本語教師進路ジャーナル

日本語学校で働く教師のための留学生の進路発見に役に立つサイト

  • 大学・短大

日本語学校進路指導研究会,第一回目セミナー報告

平成29年度 第1回日本語学校進路指導研究会セミナー

「私立大学の苦境と公立化ブーム」

平成29年5月12日(金)15:00~17:00、六本木「ハリウッド大学院大学」 にて開催されました。講師は稲村晋佑氏(NEWVERY)、参加人数は38名でした。

始めに大学を取り巻く環境について分析がありました。18歳人口の減少、都道府県別の減少率、などから私立大学の定員充足状況の説明がありました。

定員割れの大学は前年より7校増加し257大学に、割合は45%です。また、大学全体で1学年の入学定員が800人を切る大学は定員未充足の傾向があります。

 日本の大学が外国人留学生を受け入れる理由についての説明、留学生を受け入れるメリット、デメリットの分析、今後の大学の学生募集戦略の説明があり、さらに今後の私立大学の傾向から推察した留学生対策をお話しいただきました。

 

 

 

次回は6月17日(土) 14:00~17:00

ベトナム大学研究の第2弾「ベトナム大学事情を知る」

1、ベトナムの高等教育制度の整理   

2、ベトナム大学における日本語教育

を開催する予定です。

日本語学校進路研究会の会員様以外で参加ご希望の方は、✉またはお電話にてお問い合わせください。

この記事のタグ

同じカテゴリーの関連記事